<< mama no nano | main | しゃちぼん >>

建ちゃん

「建ちゃん」は、祖父の兄の三男で、父の従兄にあたる人です。
僕が子供の頃、備前焼を生業にしていた親族は「建ちゃん」の他に無く、住いも往時僕等が住んでいた村内で、長女(千香ちゃん)は僕の妹と同い年、現在「建ちゃん」の跡を継いでいる次女(喜久ちゃん)も姉と二つ違いという、我が家とは家族構成が似通っていたため、村にあった他の親戚(我が家のお隣には大本家があった)の人達と違い、僕にとっては、ちょっぴり恐い、“一番身近なおいちゃん”なのでありました。 
その「建ちゃん」を語る時、人はお酒絡みの話を欠かさないんでありますが、一言。 

「建ちゃん」の愛称である「酔っ払いの建ちゃん」は、いわゆるお酒を呑んでへべれけになるまで “遊んでいた” のではなく、人見知りで、人付き合いも下手、気ぃー使いしーで神経質、かつ 口も下手で 言葉も足らない、社会人としては全く駄目人の癖に、ちよっぴり負けず嫌いだった「建ちゃん」。 いわゆる “世渡り下手のお人よし” が、“世俗に飲み込まれないように” と、下戸なのに、お酒の力を借りて自身を鼓舞し続けているうちにお酒に呑まれ、飲む度に醜態を曝しながら、のたうち回っていた悲しい男の姿だったと考えています。 身内の言い訳に聞こえると思いますが、それが僕の中の、悲しくも情けなく、純朴にひたすら土を愛し続けた、「建ちゃん」の姿なのであります。
ちなみに、父も のんべ のように思われている節がありますが、反面教師のおかげ? もあってか、お酒はいけませんでした。

さて、本題に入ります。 
そんな「建ちゃん」の展覧会が、現在岡山市尾上の 黒住教神道山宝物殿 で、来年の1月27日(日)まで開催されています。 

点数こそ50点程なのですが、作品1点1点からほとばしるエネルギーは、土を愛し、炎と戦い、自身の命を削りながら、作品に生命を与え続けた「建ちゃん」の想いであふれており、会場の中にはたくさんの「建ちゃん」がいて、作品から立ちのぼる狂気を孕んだ威容に、僕は陶芸家として「恐怖」と「羨望」を感じるのであります。

でも、この会場で「建ちゃん」の作品に出会った人は「安らぎ」を覚えるかも知れません。 ある人は「こんな作家がいたのか」と、その豪放で天真爛漫な作風に感動するでしょう。 そしてある人は「建ちゃん」のデリカシーや、優しさや、悲しいほどの愛情を自身の琴線に感じて、その人臭さに涙することでしょう。

今回は、会場の写真も、作品の写真も載せません。

僕の好きだった「建ちゃん」の笑顔が迎えてくれる会場にお越しいただき、皆さんの五感で、「藤原 建」の「陶魂」を受け継いだ作品達の「ありのままの容」を直に感じていただければ、こんなに嬉しいことはありません。

コメント
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< July 2014 >>
人気ブログランキング ↓
藤原備前 炎の詩 HP ↓
s-R0010154.jpg
facebookはこちらから↓
 width=
瀬戸内国際芸術祭 2013 ↓
瀬戸内国際芸術祭2013
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM