<< 江戸小紋・小宮康孝先生 | main | うなぎ・鰻・ウナギ >>

画家・赤木曠児郎先生の講演会

在巴里歴?というか、パリに住み、パリを50年間描き続けて来た画家・赤木曠児郎先生の半生記を覗う機会に恵まれた講演会が恵比寿の日仏会館で開催されるというので、ものすごく楽しみにお邪魔してまいりました 

 

日仏会館web↓

https://www.mfjtokyo.or.jp/ 

先生の講演会webページ↓

https://www.mfjtokyo.or.jp/events/event-archive/lecture/20171109bis.html 

 

 

 

「これが最初で最後だと思うから」と、ご自身の人生を振り返りながらの一時間半

 

時間が許せばまだまだお話が続いていただろうな

 

郷里岡山に始まり、ファッションの世界に身を投じながら画業を続け、現在のパリ生活50年に至る先生の時間と、共に歩まれた奥様のお話

 

そして、パリの時代の移り変わりを、心に染みる言葉を繋いで語られた赤木先生

 

赤木曠児郎先生パリ・ブランシェの記事です↓

http://jp.mon-paris.info/contents/branche/interv811a.html

 

20090723_503491.jpg 

 

個展で岡山に一時帰国された折の写真

 

20111206_972823.jpg 

 

こちらはパリで迎えた僕の誕生日を”焼肉”でお祝いしてくださった時の写真

 

images.jpg 

 

我が家にも サロン・ナショナル・デ・ボザールの方々とお見えくださったり

 

 

 

今年リヨンで開催した僕の講演会イベントにもパリから駆けつけてくださいました

 

過去に、祖父や父がパリにお邪魔した度に、郷土の先輩という理由で大変お世話になり、僕は僕で祖父と父のご縁でお世話になりっぱなしな赤木先生ご夫妻

 

先生の画業(AKAGI RED)はもちろんですが、ご夫妻の何気ない会話や人との接し方や、口をついて出てくる岡山弁は僕達の誇りです

 

これからもどうぞお元気で、奥様とご一緒にパリの街角を描き続けてくださいと、心から願った夜でした

 

 


コメント
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM