<< 病気の得手不得手 | main | 糖尿病患者の病院食 >>

永谷園・おとなのふりかけ と 丸美屋の のりたま

ご飯が好き

 

でも、ご飯マニアというコアな”好き”ではなく、ご飯にまつわる全般が好きだからご飯のアテになるような食べ物やご飯に掛けて食べる具材も含まれます 

 

子供の頃、丸美屋の「のりたま」はハレに近い幸せな食べ物だった

 

ごま塩が邪険にされてた3色パックなんてのもあったしね(今もあるんだろうか?)

 

普段はふりかけに付いてあまり考えないけれど、入院してる時は三度三度のご飯が生活の中心になるもんだからついつい「ふりかけについてのあれこれ」を思い出してにやにやしたりする

 

 

入院中は当然病院食をいただくのだけれど、1日1600kcalの糖尿食にして思ったよりご飯が多い

 

ここが問題

 

おかずが無くなってもご飯は残っているのだ

 

ではどうする?ってなった時に活躍するのが「ふりかけ」

 

普段、鞄の中に「おとなのふりかけ」を持ち歩いている僕が入院時に忘れる事はなかったのだけど、今回予定を間違えて少なめに持って来てしまってたもんだから持参分が早々になくなってしまい、仕方なく売店に補充しに行ったら「おとなのふりかけ」が → ”無い”

 

人気商品なのですね、売り切れていたのでありまして、取り急ぎ見つけました永谷園の「茎若布とじゃこの炊いたん」と、お隣にあった丸美屋のロングセラー「のりたま」分包を購入

 

これでカロリーが一食あたり11kcal上がるので1日1633kcalとなるのですが、残りの入院期間を楽しく乗り切るための方便と、お許し下さいますよう願う私です

 

 


コメント
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM