<< 文化勲章受賞記念 十代大樋長左衛門展 @ 天満屋 | main | タテソースの豊島屋 超・激辛 >>

恐るべし「たえだ」の千屋牛


JR 岡山支社長の長谷川さんが趣味の渓流釣りに行った折に見つけた”千屋牛”の美味しいお店がある、というお話を伺ってから小半年。

駅ナカミュージアムでお世話になり現在大阪電通に異動されている中村さんも参戦し、連れて行っていただきました。


sIMG_0747.jpg 

お店の名前は「たえだ旅館」


漢字で書くと

sIMG_0748.jpg 

田枝旅館


宴会場はこんな感じで

sIMG_0749.jpg 

う〜ん、いい感じ


sIMG_0754.jpg s-IMG_0096.jpg 

山菜も各種あり、お目当てのお肉の基本はフィレ肉のステーキをベースに3種類だそうで


sIMG_0751.jpg sIMG_0753.jpg 

たたきとしゃぶしゃぶ

久し振りに3人が揃っての宴会で心弾んでいたのだけれど、先ず以て乾杯!の麦酒も、長谷川さんが用意してくれた地酒も、中村さんが大阪から持参してくれた美味しいワインも、あれこれ四方山話を楽しみながらゆっくりと味わうなどという余裕も無く、次々と運ばれて来る料理を”無言”でひたすら食べ・食らいつき・挑む。


sIMG_0097.jpg sIMG_0756.jpg 

でもってロースとサーロインが”どっひゃー”と登場し、〆には高級食材のコシアブラの天婦羅をトッピングしたにゅうめんまで・・・


食べるとは
闘う
なのだ。


*総勢6名でいただいたとは言え、追加されたロースとサーロイン、各々300gはございました  


そして食べ続ける事2時間


闘い終わって日が暮れて、その圧倒的な存在に
完膚なきまでに叩きのめされたとはこの事か・・・長谷川さん降参・・完敗です。


釣りなどで宿泊された場合は、朝食に”牛そぼろ”などが饗されるのだそうだ。


さて、この記事をお読みになり千屋牛に興味が湧いて「たえだ」さんのお肉を食べてみようかな?という方がいらっしゃいましたら”そんなあなた”に一言申し上げたい。
こちらで吟味された千屋牛は、きっと涙ぐむでありましょう異次元の美味しさなので、召し上がった後暫くは”衝撃に出会ってしまった身の不幸”を味わう覚悟にてご予約の段に望んでくださいませ。


感謝


新見市観光協会さんのHPです・こちらから

コメント
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< April 2014 >>
人気ブログランキング ↓
藤原備前 炎の詩 HP ↓
s-R0010154.jpg
facebookはこちらから↓
 width=
瀬戸内国際芸術祭 2013 ↓
瀬戸内国際芸術祭2013
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM