出石町 de スリランカ カレー

 

先日のベッキオバンビーノのパーティの折、出席されていた方から「藤原さんあべちゃんカレー好きなんですか?」と突然のご質問。「はい」と答えると、「FBで写真よく見るから」との事。

続けて「出石町のアンテナ知ってます?」と聞かれ「知りません」と言うと「美味しいですよ。僕あべちゃんより好きかもですなので、是非行ってみてください」と熱量多めに語られたので → 行ってきた。

食べログですが↓
https://tabelog.com/okayama/A3301/A330101/33004226/

こちらがオススメのスリランカカレー”魚“




うん、美味しい。
初めての人なら大好きになるかもな味。

他にも(メニュー画像ですが)







などなど
食べたい物がたくさん。

ちなみにこちらのお店、cafe と パフェ が主力のよう。

にしても美味しいカレーのみならず、お店もご主人も暖かい空気感に包まれた佇まいでありまして、おススメの一店です。

 

 

 

 


驚き過ぎたので、なにか食べなきゃ

 

びっくりした!。


これ僕の愛機です

カメラのバッテリーを交換しようとしたら




 

バッテリーのストッパーがポロリ



購入して一年と半年くらい。

 

カメラ本体には革カバー付けてたし、バッテリーはカメラ本体側面で充電できるからこの爪を動かしたのは購入した時と今回の2回。

なのに → ポロリ。

「でもまぁ」と、保険適用期間は過ぎてるとは言え、大した事無いだろうと修理に出す前に見積もってもらったら → なんと!26700円の見積もりが来た!。

どっひゃー!!!。

見積もり放り投げて冷静になろうと「まぁこのちっこいパーツだけじゃなくイマドキはユニットごと交換するんだろうからこのくらいするんだろな」なんて極めて友好的に考えてみるけど、どうにも腑を落とす処が無い。

どうにも・どうにも・ど〜にも無い。

電話で問い合わせてみたけど理由の説明は無く、そういう事なんです的な話で終了。

う〜んんんんん。

 

しかし、余計どうにも無くなってしまったと、ウンウン言ってても仕方ないので先ずはお腹を満たそう。

僕にはマッキーさんの指南書と、サッポロ塩ラーメンがあるのだ!。


 

PS) 後日、裏蓋とバッテリーの空間を埋めるため隙間テープを貼り、当面の解決策とした事をご報告いたします。 

 

 


坂出・しんすいえ園の抹茶ソフト

はじめにお断りしておくが、「しんすい園」はお茶やさんである

 

60年ほど前、抹茶需要が少なかった頃、全国のお茶やさんの中で何軒かが集まり考案したのが「グリーンソフト」なのだそうだ

*一説には昭和33年、すなわち僕が生まれた年に誕生したとあります

 

なので、開発に関わったお茶やさん以外はグリーンソフトという名称は使えないので、「抹茶アイス」とか「抹茶ソフト」などという看板を掲げて商売しているお店は”後発組”なのである(という事になる)

 

こちらご紹介web↓

https://www.sanlabo.net/shop/shop.shtml?s=1446 

 

sIMG_1624.jpg 

坂出は元町商店街の角に佇む「しんすい園」

 

そして、何故?という理由を聞きそびれてしまったのだけれど、開発に携わったお店には何処もラーメンが併設?されているそうな

 

sIMG_1627.jpg 

しんすい園にも、もれなく美味しいのがございました

 

 

 

明石焼きもあります

 

この形態で一番有名なのは和歌山のソウルフードとまで呼ばれている玉林園さんでしょうか↓

https://www.travel.co.jp/guide/article/21129/ 

 

sIMG_1645.jpg 

 

ともあれ、甘過ぎず上品なお抹茶の香りが”正統”を物語るグリーンソフト

 

ぜひお試しあれ

 

 


佐賀・あけぼの旅館

 

素晴らしい旅館です

 

ssIMG_1567.jpg

 

ssIMG_1570.jpgssIMG_1572.jpg

箸置き一つにもおもてなし感が溢れてます

 

ssIMG_1569.jpg

 

ssIMG_1573.jpg

 

ssIMG_1583.jpg

 

ssIMG_1575.jpg

 

器は・・・お判りですね

 

柿右衛門13代に今右衛門13代+中島宏先生

 

ssIMG_1585.jpg

先生を偲びながらの一献

 

 

 

番傘 良いですね

 

ssIMG_1588.jpg

女将の音成洋子さん

 

上手く表現出来ないのですが、とてもチャーミングなおもてなしのプロフェッショナル

 

女将さんのFBです↓

https://www.facebook.com/profile.php?id=100018110342679

 

 

ssIMG_1541.jpg

 

こちらは、敷地内に鎮座している「あけぼの宝冠恵比須」様

 

又近いうちにご挨拶に伺いたいものです

 

 


大岡弘武 ラ・グランド・コリーヌ・ジャポン

近年こんなにも素晴らしいご縁があった事を私は知らない

 

登場人物4人が食事をしていた数年前のある日の事

 

大岡さんご夫妻 

今度日本に戻ってワイン造りをやろうと思っておりまして・・・

場所は岡山県の空港付近が良いと考えているのですが、

僕は東京生まれで妻は神戸だから岡山にはなんの縁故もないんですよね

小林さん

あらら、僕岡山出身で、家内も岡山の高校の同級生

しかも家内の実家は空港の近所なんですよ

 

奥さん

ウチ、農家やってたから土地も家もありますよ

一度見に来られます?

数ヶ月後大岡さんは来岡され

現在に至る

 

なんというご縁!なんという引き寄せ! ビックリ魂消た成り行きです

 

sIMG_0805.jpg

およそ200年前の葡萄絞り機と笑顔の弘武氏

 

sIMG_0806.jpg 

sIMG_0807.jpg 

今はこんな感じですが、数年後はどうなっていることやら

 

楽しみで楽しみで・・・嬉しい!

 

sIMG_0809.jpg 

ちょっぴり味見でいただきました

 

その後、私も良いご縁をいただきまして、大岡家と楽しく交流させていただいているのであります

 

た・の・し・み・だぁ〜!!!

 

 


吉田牧場にて

久し振りに吉田さんち

 

いつものように美味しいに決まっている食べ物たちが待っている

 

  

 

牡蠣は”かなわ”の三保さん家からJrによる直送

 

sIMG_1079.jpg 

 

参加者一同で乾杯の図

 

sIMG_1074.jpg sIMG_1075.jpg 

 

今回のハイライト

 

どうです! コシアブラの pizazz ですぞ!

 

まぁね 何食べても旨いんですよ これが 

 

そして、愛犬ハルちゃんも元気です!

 

さて、僕も負けずに頑張らなきゃ

 

 


ニジマス from 北海道・石狩

季節季節で色々な物をお送り下さる方々に感謝しながら日々の移ろいを感じている僕

 

sIMG_1025.jpg 

 

今回はなかなか強力な顔つきで存在感を示してくれた”ニジマス”が三尾登場

 

たまたま遊びに来てた若手の陶芸家に一尾持ち帰られたというものの、残りの二尾は死守し、あれこれ美味しくいただいたのであります

 

 


お正月三が日 最強の食べ物

正月も3日目になりますが、我が家の食卓から消えない三種の神器?のご紹介

 

先ずは”お雑煮”

 

これはまぁ僕が”お雑煮(餅)好き”という理由が主ですが・・・

三日間 × 三食 + 時々焼き餅 だったりして、最低でも三が日で20個ほどいただく事になりますから、新年の体重増加に大きく寄与してくれる一品

 

IMG_1407.jpg

人参・牛蒡・ほうれん草に*モガイをトッピングして、ユリ根をセンターに配置

 

*モガイは我が家のエリアで多く食べられる貝です↓

http://www.pref.okayama.jp/page/detail-30099.html 

 

何時からこういう形態に成ったのかは解らないけれど、有り難い事に僕のお記憶の中のお雑煮はこのスタイルでずっと変わっておりません

 

そして”黒豆”

 

30年ほど前に出会って以来、お正月の食卓には欠かせないアイテム”八寸の黒豆”

 

IMG_1900.jpg

 

京都の八寸さん謹製の黒豆は一番最初に箸が付いて、一番最初に無くなる人気 No1

 

食べログですが↓

https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26002259/ 

 

このふっくらと艶やかな姿だけで”初春”を感じる一品です

 

最後は”かりん糖”

 

IMG_1898.jpg

 

地元の企業「KAAZ」さんが、たぶん取引先とかお客様の土産用に使っている一品だろうと勝手に思っていますが、これが本気で”イケナイ奴”

 

webはこちらで↓

http://www.kaaz.co.jp/

 

カルビー・かっぱえびせんのコピー「やめられない とまらない」そのままに「やめられない とまらない」のでありまして・・・

 

少し食べては「これはイケナイ奴だ」と開け口を折って少し遠くに置く→ 誰かが食べる → 無くなる危機感で手を出す→ 再び「これはイケナイ奴だ」と突き放す → 誰かが食べる

 

これを何度か繰り返し、気付くと袋は空になっている という恐ろしい味力を持っている「はちみつ・ごま・かりん糖」なのです

 

他に常備品のみかん もございますが、以上3種類が最強・お正月の食卓三種の神器的食べ物なのです

 

 

 


うどん・饂飩・ウドン

金毘羅さんの二日間、祭りに出店しているお店が何軒かあったものの、初日は雨模様で10度を下回る気温で二日目は雨こそ降らなかったけど気温は5度くらい

 

日差しがなければ寒い寒い両日でありましたので、おのずと暖かい食べ物を求めたのですが、近所にあるのは”うどん屋さん”のみ

 

という事で

 

sIMG_E0359.jpg 

1食目は坂出から出店されてた”日の出製麺所”のぶっかけ

 

2食目は同じく”日の出製麺所”のアミエビ入りぶっかけ

 

sIMG_E0360.jpg ​

 

3食目は、どうにも寒くて”汁”を求め

 

sIMG_E0371.jpg

 

金陵の郷の目の前にある”中野うどん学校”の肉うどん

 

月曜日に定期健診があるのになぁと思いつつ「だって饂飩しかないんだもん」と糖尿おデブの天敵を求め、近場を徘徊する僕

 

最後の4食目は、寒さしのぎに金毘羅さんの参道を歩いて、階段手前一番奥の右手に位置する老舗の”虎屋”で

 

sIMG_E0381.jpg

 

こんぴら饂飩を掻き込んだ

 

これで月曜日の健診は・・・

 

来年は是非とも晴天に恵まれた祝いの宴になりますように

 

 


うなぎ・鰻・ウナギ

今回の上京中、何故か”鰻づいて”おりまして・・・

 

先ず初日

友人と”蕎麦”を食べようと待ち合わせしたら、雨天にも関わらず長〜い行列が出来ておりましたのでこれを断念

 

代わりに何か?と友に聞けば「鰻だな」という事で、蕎麦屋から徒歩1分の鰻屋へと移動

 

original.jpg

 

日本橋「はし本」

 

webです↓

http://www.unahashi.com/ 

 

sWUHCE4299.jpg sOCHGE3212.jpg

sLAZSE3104.jpg

sSSLT5779.jpg sWQCM8525.jpg

 

珍しい”あばら焼き”と”肝入りひれ焼き”

 

sOVYSE0450.jpg

 

うな重 い・ろ・は 三種類の内、一番小振りな ”い” 

 

東京駅近くなのでお持ち帰りの人も多い、老舗鰻屋さんで一鰻

 

変わって二日目 

 

この日は麹町近くで”島料理”を食べようとお店に向かうと、なにやら昼食宴会的な団体さんで大賑わいなので、これは”あまりに騒がしくていかん”と、お店を離れ、半蔵門方面に向かうとそこに僕の大好きな”秋本”発見

 

「”鰻”は昨日食べたばっかりだし、明日も鰻だからなぁ〜」と暫し考えたけれど、麹町に足を運ぶ機会はないし、秋本の存在感には抗えない

なにより静かにご飯が食べられるのが好いじゃないか言う言い訳背負って入店

 

sHIVGE1238.jpg

こちらで → http://www.unagi-akimoto.com/ 

 

お昼時なのでまずまず混んでおりまして、テーブル席が無理だったのでお座敷にて相席 

 

暫くして相席していた二人連れがお帰りになり、さて、何をいただきますかね?とお水を一口含んだところで問題発生!

 

背を向けてたので判らなかったのだけれど、僕の後ろに陣取っていた女性軍

 

僕が席に着いた時には未だ食事中だったようで静かだったのですが、僕が”うな丼と肝吸い”を注文した頃、あらかた食事が終わったと見え、食事の口からお喋りの口へと形を変えてアイドル(たぶん)話で徐々にヒートアップ

 

どうやら若いアイドルグループがご趣味なようで、リュートがどうしたレオが可哀そうだ、コンサートで一人が脱いだら他のメンバーも脱ぎだしたのだけれど、その体が(たぶん腹筋の事だと思われる)バキバキで「もう見てらんないのよ」などなど・・・

 

バキバキの辺りでは「キャ〜」やら「うっそ〜」やら「え〜いいなぁ〜、私触れたら死んじゃうかもぉ〜」に至っては、「うっせいぞババァ!」と言いたくなるほど嬌声MAX

 

「まったくなぁ」と、あれこれ突っ込みたくなる気持ちをおさえつつ鰻に専念したのですが、まぁ五月蠅いのなんのってありゃしない

 

sIYYDE3070.jpg

 

で、あんまり五月蠅いからどんなのか見てやろうと後ろを振り返ったら…言わぬが花ですなぁ

 

*教訓 秋本はテーブル席に限ります

 

こちらはちゃんと食べた時のブログです↓

http://zikisai.jugem.jp/?eid=1473 

 

そして在京最終日

 

この日はずいぶん前から予約していた日比谷の鰻屋へ 

 

original-1.jpg 

 

蕎麦屋にフラれ、島料理にフラれ、結局三日続けての鰻

 

こちら↓

http://www.kanda-kikukawa.co.jp/shop/hibiya.html 

 

original-3.jpg

 

ここのお店は大串が名物でして・・・

 

original-2.jpg 

 

子供の頭ほどもある丼に入ってます

 

sIMG_E0326.jpg 

 

お重は尻尾が折り返されてマス

 

何はともあれ”鰻食った”という満足感120%な菊川・日比谷店

 

ちなみにこの三日間の夕食は、つばめグリルでチキン・平田牧場のトンカツ・搭乗口付近でおかめ蕎麦の三食でありました

 

 


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM