瀬戸内国際芸術祭参加イベント「犬島楽茶」5月5日・6日

瀬戸内国際芸術祭2019が始まって10日ほど

 

迎えた5月5日・6日は僕が主宰する参加イベント「犬島楽茶」の初戦 

 

 

好天に恵まれて 


 

2日間で国内外のお客様100名以上の皆様に楽しんでいただきました

 

 

 

お天気良いので、会場となったチケットセンター横の芝生広場では、子供達がはしゃぎ回ってます

 

 

 

瀬戸芸と犬島楽茶の幟がハタハタと気持ちよく風に靡く音も楽しげに

 

 

 

イチゴの花には蝶々

 

 

 

チケットセンターのカフェでは”島のおばちゃん”も日替わりでお手伝いされております

 

犬島情報はこちらから↓

http://benesse-artsite.jp/art/seirensho.html 

 

次回は5月19日

 

ではでは

 

 


瀬戸内国際芸術祭2019 開幕

4月25日

 

瀬戸内国際芸術祭2019の前夜祭レセプションが開催されました

 

 

合プロデューサー 公益財団法人福武財団理事長 福武總一郎さんのご挨拶 

 

今年一月、NYタイムスの記事

7番目に瀬戸内の島々が選出されました↓

https://www.nytimes.com/interactive/2019/travel/places-to-visit.html 

 

 

こちらは高松港に設置されているリン・シュンロンさんの作品「国境を超えて・海」

 

https://setouchi-artfest.jp/artworks-artists/artworks/takamatsu/192.html 

 

 

 

明けて26日の10時より開幕式が行われ、春・夏・秋と三期にわたる芸術祭の開幕です

 

開会式の模様はこちらで↓

https://setouchi-artfest.jp/blog/detail162.html 

 

ちなみに

 

犬島楽茶の第一回目は、5月の5日・6日 犬島にて開催されます

こちら↓

https://setouchi-artfest.jp/event/index201905.html 

 

 


瀬戸内国際芸術祭 2019

さて、今月26日より4回目の開催となる瀬戸内国際芸術祭2019が開幕します

 

 

詳細は web にて↓

https://setouchi-artfest.jp/ 

 

僕もイベンターとして「犬島楽茶」を主宰し、三期にわたり参加の予定

 

こちらで↓

https://setouchi-artfest.jp/event-inujima/detail311.html 

 

今回も、会期中は国内外から多くのお客様が来場される見込みですので、瀬戸芸各所のアート作品とイベント情報をにらめっこしながらスケジュール立てた上でお越しになられる事をお勧めいたします

 

 

 


日本橋高島屋2019

さて、日本橋高島屋での個展です

 

30才から始まって・・・何回目になるのかな?

 

飾り付けも順調に進み、お祝いのお花もいただきました

 

sR0010352.jpg

sR0010360.jpg sR0010361.jpg sR0010345.jpg sR0010346.jpg 

 

お花も入り

 

sR0010347.jpg sR0010350.jpg  

sR0010349.jpg 

 

さて、たくさんの方にお見えいただくといいな

 

 

 

  


日本橋高島屋 個展のお知らせ

三が日も明け、なんとなく気分は初仕事。

取り敢えず仕事場行って「より佳い仕事が出来ますように」と柏手を二つ。

個展のお知らせです。
会期 1月23日(水)〜1月29日(火)
会場 日本橋高島屋SC 本館6F 美術画廊
営業時間 午前10時30分〜19時30分
※最終日は午後4時閉場



会場にて、多くの方々にお会い出来ますのを楽しみにお待ちしております。

有り難うございました

お節の中の水引細工

数の子入れに紅白の水引
背景に薄い桜色

松は紅白に金銀を挿し添えて、鞠の形にあしらわれ

箔のイメージをベースに金色に薄桃色の水引が一本差し込まれた小粋な細工が眼に新玉の歳を感じさせる



今年のお節の中に入っていた水引細工三景に、如何にもお正月といった風情が嬉しく感じます

日本の四季にある24節季72侯

我々工芸に関わる者として、大切にして行きたい文化です
 

 


岡山天満屋 2018 (3)

3回目は妻が活けてくれた花と駆けつけてくれた長女の綾子さん

 

sR0010228.jpg 

祖父の窯変鉢に

 

sR0010226.jpg sR0010222.jpg 

 

sR0010220.jpg sR0010217.jpg

 

sR0010225.jpg sR0010227.jpg 

 

sR0010221.jpg sR0010224.jpg  

 

sR0010218.jpg 

ご来場くださった方々より「佳いお花ですね」と評判の良かった妻の花

 

 

sIMG_2630.jpg 

長女の綾子さんと

 

子供たちが成長するのは早いものですね

今回次女の由佳子さんは勤め先の事情で帰れませんでしたが、二人が元気でいてくれるのがなにより

 

無事盛況のうちに個展を終えることが出来ました

 

ファンの方々・お客様・天満屋スタッフの皆さんは言うを待たず、普段にお付き合い頂いている友人・知人、そして僕の家族

 

多くの方々に支えられて在る今日に心より感謝申し上げます

 

有り難うございました

 

 


岡山天満屋 2018 (2)

2回目は頂いたお花と初日に開催されたレセプションの模様

 

 

正面画像

 

sR0010236.jpg 

正面右側のウインドウ両側 

 

sR0010237.jpg 

画廊

 

sR0010233.jpg sR0010234.jpg 

右側と左側

 

sR0010245.jpg sR0010239.jpg 

入って右側中と受付周り

 

sR0010240.jpg sR0010243.jpg

 

sR0010242.jpg sR0010246.jpg

 

sR0010241.jpg sR0010229.jpg 

 

美術ギャラリー

 

sR0010238.jpg 

 

sR0010232.jpg sR0010231.jpg 

 

続いて初日の夕刻に開催されたレセプション

 

sR0010248.jpg 

山陽新聞会長の越宗さんにご祝辞をいただき 

 

sR0010256.jpg 

私の謝辞

 

sR0010258.jpg 

黒住教6台教主様による乾杯のご発声

 

sR0010262.jpg sR0010261.jpg 

 

sR0010272.jpg sR0010271.jpg 

 

sR0010275.jpg sR0010276.jpg 

 

sR0010270.jpg sR0010274.jpg

 

sR0010283.jpg sR0010282.jpg 

 

sR0010280.jpg

 

sR0010268.jpg

途中、今回ワインをご提供いただいた大岡さんの奥様から”大岡ワイン”についてご説明をいただきました

 

sR0010273.jpg sR0010278.jpg  

 

sR0010286.jpg sR0010287.jpg 

 

総勢81名

 

普段にお付き合いいただいている皆様の中で、ご都合が良かった方々が駆けつけてくださってのレセプション

 

僕にとっては本当に嬉しい夜になりました

 

 


岡山天満屋 2018 (1)

2018年12月5日(水)から11日(火)の会期で三年ぶりの個展が開催されました

 

3回に分けてUPいたします

 

第一回目は、会場画像

 

 

今回のサブタイトルはー往古来今ー

 

開催日の次の日、12月6日に還暦を迎えた僕

今の思いを書きました

 

sR0010202.jpg 

会場入り口右側のウインドウには、この展覧会専用に制作した手鉢を5点

 

sR0010205.jpg sR0010212.jpg 

画廊入り口から全体画像と柱周り 

 

今回の展示会のテーマは”鉢”です

 

一年半ほど前、還暦になって最初の展覧会のテーマは何にする?って考えた時 → 鉢だなって頭に浮かんだのをそのまま形にしました

 

手捻りや型物・板作りなど

初めの頃は手法の違う作品も制作しておりましたが、ここは直球でと決めて”轆轤物”のみ還暦に合わせて60点の展示です

 

sR0010213.jpg sR0010214.jpg 

右側

 

sR0010216.jpg  

柱奥と左側 

 

壁に掛けられたパネルは、父の作品に母が花を活けたり料理を盛り付けた画集「備前折々」の中に、故中村昭夫先生が写してくださった写真を使って制作したものです

 

そして

 

sR0010206.jpg 

お隣の美術ギャラリー全景 

 

今回サブタイトルにしたー往古来今ー

こちらの美術ギャラリーには祖父と父の作品と書や絵画を展示して、藤原家のファンの方々にくつろいでいただく空間にしました

 

sR0010207.jpg sR0010210.jpg 

右側に僕のコーナーと、柱横には裏千家大宗匠様の直刻と書付の付いた父の瓢形鉢を展示

 

sR0010208.jpg 

正面に二人の写真を飾りつけ

 

sR0010209.jpg sR0010211.jpg 

左手奥には黒住教神道山・宝物殿より拝借した祖父の台付き扁壺を展示いたしました

 

と、こんな感じで展示は完了し、初日を迎えます

 

 

 


BOT テーブルにある備前 ー Bizen ware on the table ー

僕が主宰している「テーブルにある備前 ー Bizen ware on the table ー」の展示会が決定しました

 

場所と日時は

日本橋三越本店5F食器売り場にて 明日11月7日(水)から12日(火)まで と

12月19日(水)からXmasの25日(火)の会期で倉敷天満屋美術画廊にて


この会BOT(略称)は、一昨年春の坂出はかまどホールでの展示会の折に「このお皿一つとっても皆んながみんな上手な訳じゃなく、見込みの上手いやつ、立ち物の上手なやつ、組物の得手なやつと色々いるから、それぞれが得意な器持ち寄って展示会したら楽しいんじゃない?」という会話の中から生まれ、どうせならロゴ作ってこんな形で発表してなどなど考えながら気がつけば一年

 

粗方の形が出来上がったのは今年の春でした

 

”さぁ〜てこのメンバーで来年あたりから面白い事出来たら良いなぁ〜だから → なんか考えよ”なんて思ってた矢先に展示会が二つ決まったので、ちょっと慌てて

 

勉強会「学び塾・つれのーて」から

 

小山月泉.jpg 

小山月泉

 

s高原武.jpg s原田良二.jpg 

高原武          原田良二 

 

sof0b6f465ef77fb6620d29e9e7f471a6f_30904291_181106_0001.jpg sof0b6f465ef77fb6620d29e9e7f471a6f_30904256_181106_0004.jpg 

竹崎典秦         柴岡久

 

sof0b6f465ef77fb6620d29e9e7f471a6f_30904211_181106_0003.jpg 渡邊琢磨.jpg 

木村英昭         渡邊琢磨

 

東北大震災の年に立ち上げたチャリティ団体「from 🔴 bizen」から

 

sof0b6f465ef77fb6620d29e9e7f471a6f_30904197_181106_0003.jpg sof0b6f465ef77fb6620d29e9e7f471a6f_30904275_181106_0006.jpg 

藤森信太朗         竹内千恵

 

sof0b6f465ef77fb6620d29e9e7f471a6f_30904313_181106_0004.jpg 

竹崎洋子

 

毎年展示会を開催している 坂出「かまどホール」から

 

s原田圭二.jpg sof0b6f465ef77fb6620d29e9e7f471a6f_30904237_181106_0003.jpg 

原田圭二          大石橋宏樹

 

の12名が今回参加してくれることになりました

 

その中で栄え?ある日本橋三越本店での第一回展のメンバーは

 

of0b6f465ef77fb6620d29e9e7f471a6f_30904104_181106_0004.jpg 

この7人

 

あと五人は倉敷天満屋からの参加です

 

という事で日本橋三越は明日7日から

 

僕は9日の午後2時から11日の夕方まで会場におりますので(10日と11日の2時からは、会場にてお話会もあります)、お近くにお出掛けの折には是非お立ち寄りくださいませ

 

<僕のお客様への注意事項>

*高島屋ではありません三越です

*銀座店でなく本店です

*画廊ではなく → 食器売り場です

 

 


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM