永谷園・おとなのふりかけ と 丸美屋の のりたま

ご飯が好き

 

でも、ご飯マニアというコアな”好き”ではなく、ご飯にまつわる全般が好きだからご飯のアテになるような食べ物やご飯に掛けて食べる具材も含まれます 

 

子供の頃、丸美屋の「のりたま」はハレに近い幸せな食べ物だった

 

ごま塩が邪険にされてた3色パックなんてのもあったしね(今もあるんだろうか?)

 

普段はふりかけに付いてあまり考えないけれど、入院してる時は三度三度のご飯が生活の中心になるもんだからついつい「ふりかけについてのあれこれ」を思い出してにやにやしたりする

 

 

入院中は当然病院食をいただくのだけれど、1日1600kcalの糖尿食にして思ったよりご飯が多い

 

ここが問題

 

おかずが無くなってもご飯は残っているのだ

 

ではどうする?ってなった時に活躍するのが「ふりかけ」

 

普段、鞄の中に「おとなのふりかけ」を持ち歩いている僕が入院時に忘れる事はなかったのだけど、今回予定を間違えて少なめに持って来てしまってたもんだから持参分が早々になくなってしまい、仕方なく売店に補充しに行ったら「おとなのふりかけ」が → ”無い”

 

人気商品なのですね、売り切れていたのでありまして、取り急ぎ見つけました永谷園の「茎若布とじゃこの炊いたん」と、お隣にあった丸美屋のロングセラー「のりたま」分包を購入

 

これでカロリーが一食あたり11kcal上がるので1日1633kcalとなるのですが、残りの入院期間を楽しく乗り切るための方便と、お許し下さいますよう願う私です

 

 


病気の得手不得手

病気に得手と不得手があるとして

 

痛いには痛いのだけれど、骨折とか擦り傷と言った怪我の場所が目で確認できて”原因”も明らかな外傷にはめっぽう強いのだけれど、頭痛・風邪、その他なんだか判らない不愉快なだるさなどの内臓系の疾患はとても苦手な僕

 

いまから10年近く前、その日の体調とか時間帯によって誤差があるのだけれど、右目がなんだかぼんやりというか滲んで気持ち悪い感じが続くようになったので、妹の連れ合いに(眼科医なので)診て貰った時のこと

 

「これ、眼底にシワ入ってますね。でも手術で治りますから大丈夫ですよ」とのこと

 

「手術って?」と聞けば

 

「ええ、簡単です。眼の黒いとこレーザーでグルッと切ってパカッとして、中の水晶体を ちゅぅ〜 て抜いて、眼底”カリカリ”か”ずるずる”したら再び水晶体ちゅぅ〜 って入れ直して黒目でポンと蓋したら終わりです」

 

「・・・・・・・」

 

話を聞きながら ”黒目ぐるっとしてパカッ” とか ”水晶体ちゅぅ〜” とか「黒目をポン」とか・・・

 

怖がらせまいと軽妙な口調で手術の手順を教えてくれたつもりだったのだろうけど、内臓疾患に対して臆病な上に想像力逞しい僕には逆効果も甚だしく”ものすごく怖そうな手術”にしか想えなくて、「じゃあ、仕事や車の運転にどうしょうもなく支障が出るようになったらお願いしますね」って言って手術に踏み切れなかった過去がある

 

そんなこんなで → ひと昔分の時が過ぎ

 

iPhoneImage.png

間違えないように”みぎめ”

 

五感の中で、眼の情報量の割合はおよそ八割七分

 

そんな大切な眼の病状は僕の臆病さ故にメンテナンスされることもなく放置され、悪化していたことは疑うべくもなく、今年に入っていよいよ”ぼけ”と”滲み”が酷くなってきて、人とお会いする時にも眉間にシワ寄せて目を細めたり擦ったりするのが日常の動作になってしまったから「ここは一番!」

 

病名である”黄斑上網”と、ついでに”白内障”もやっつけてやろうと覚悟を決めたのでありました

 

 


2017 第48回衆議院議員総選挙 期日前投票

今週末は野暮用で不在の為、期日前投票に行ってきた。

 

うちのエリアは岡山三区。

 

 

行政

区域

津山市備前市赤磐市真庭市(旧北房町域を除く)、美作市岡山市東区(旧瀬戸町域)、和気郡真庭郡苫田郡勝田郡英田郡久米郡 

 

 

この岡山三区というのは、岡山県の右側半分近い”人口過密地域でない場所”で構成されていて、主に県北に票田がある為、備前市まで街頭演説にお越しになったところでピンポイントに人の多い場所に集合するのが当たり前で、我が家の辺りのように人家も少ないエリアは、市長選挙と市議会議員選挙の時に若干賑わう事はあれど、今回他所から聞くような騒がしさなどは微塵も無く、「ホントに国政選挙やってるのかな?」と思うほどに静かな日常なのである。

 

阿部 俊子さん 58 無所属(自) 前 4 (元) 農水副大臣

内山 晃さん   63 希望 元 3 (元) 総務政務官

尾崎 宏子さん 61 共産 新 党県委員

平沼 正二郎さん 37 無所属 新 IT会社役員

立候補者は上記4名。(あいうえお順)

 

お昼ご飯食べて、市役所に行って、”はた”と気付いた。

 

候補者の内お一人を見かけた事があるだけで、後の三人について全く0だったなと・・・。

 

中選挙区の頃から岡山県は保守王国であるから自民が基本としても、顔も知らない、政策も聞く機会が無いとなると(積極的にマスコミもウオッチしないので)、僕とご同様な方々は、ご本人は知らなくてもお父さん知ってたり行きがかり上の知人であったりすると、なんとなく「まぁいいか」と投票する事になるんだろうな」なんて想いながら、自分の投票基準に近い方に投票させていただきましたのでした。

 

 


La France の思い出

毎年山形から送ってくださる La France  

 

sIMG_3085.jpg 

 

この洋梨をいただくたびに蘇える記憶がある

 

ずいぶん前ですが、京都のお坊さんとご一緒したときのデザートがラ・フランスで、一口召し上がったご住職

 

しばらく美味しそうに味と香りを楽しんでおられましたが、フォークを置いた後、僕の方にゆっくり視線を向けながら仰った

 

曰く「なんや、わしと一緒かいな?」と微笑んで一言

 

「えっ、何がですか?」と聞いた僕に「いやいや、洋ナシやさかいに」と・・・

 

もちろんその場にいた一同は大爆笑

 

子供のように無邪気なお顔で、ウインクしながらにこやかに話された暖かい笑顔

 

「あぁ〜、こういう人になりたいな」

 

素直な気持ちで朗らかに笑えたあの憧憬を、La France と共に思い出す私です

 

 


輝太郎とな

”スーパーマーケットで → お買い物” 

 

妻は寒がりなのでほとんど近づく事はなく、僕も滅多に行かないので、たまに訪れると珍しい食材に出会う事が多い
 
sIMG_3005.jpg 
あまりウロつかなかったけど、”旬”のくだものだけに目につく場所に置かれてた

名前は「輝太郎」という鳥取産の柿
2玉498円也 

 

備前焼祭りも残すところあと一時間 

 

夕飯のデザートに買って帰ろうかな?

 


2017備前焼祭り伊部駅周辺略図

会場設営も終わりましての帰宅途中

 

「今年のテントはどこですか?」と聞かれたので、お知らせ方々伊部駅周辺の略図です

 

 

ざっくりの図

 

 

元の画像が小さいので判り辛くてスミマセン

 

伊部駅を背に駅前通りを直進すると左側に郵便局がありまして、通り過ぎたところ左側に在る第三会場入口を入った正面に「直斎陶房」のテントがあります

価格帯は1000円から5000円くらいがメインで、日常使いに・お土産にと、お求め安い作品を取り揃えておりますそうなので、是非お買い上げください

 

僕は何してるのかと申しますと・・・

 

穂浪の陶房にて留守番しながら皆様のお越しをお待ちしておりますので、喫茶方々遊びにお越しくださいますれば → 嬉しいです 笑

 

 


雨上がりのカタツムリと南天

雨の合間に、仕事場を出て窯場に向かって歩いていると

sIMG_0280.jpg 
壁に何やら動くものが・・・

 

ふと見やると”かたつむり”がのそのそと動いてる

sIMG_0282.jpg sIMG_0281.jpg 
そのあとギャラリーに向かうと

 

通路脇に植えられた南天に水滴が輝いてた

 

今週末に開催される備前焼祭り

 

町中が慌ただしくなるであろうその前に出会った風情

 

ゆっくりとした動き、恵みの雨を湛えた二つの姿に「今」を感じた午後でした

 

祭りの詳細はこちらからどうぞ↓

http://bizen-kanko.com/event/event_detail/index/105.html?cond_all=true

 


季節は巡る

s-17-IMG_2809.jpg 
今年も”蜘蛛”のシーズンがやって来たと思ったら
 
s-10-IMG_2797.jpg 
サルノコシカケまで付いてきた

s-04-IMG_2825.jpg 
s-08-IMG_2794.jpg 
仕事場の周りも秋の気配が深まり

s-14-IMG_2806.jpg 
季節外れのマスカット

 
季節の変わり目に登場する、梨とピオーネの盛り合わせ

s-23-IMG_2834.jpg s-22-IMG_2824.jpg 
蟷螂と芒は抱き合せのアイテム

s-21-IMG_2813.jpg 
蚊取り豚もそろそろその使命を終える

s-08-IMG_2845.jpg 
深まる秋に

皆様の幸せを祈ります


 


紫苑という名の葡萄

頂き物ですが・・・

 

紫苑という名の葡萄

 

s-15-IMG_2878.jpg 
美味しいです!

種は無く、皮ごと食べられます

詳細はこちらで 通販もございます↓
https://www.hyouryuu.co.jp/shop/shien/shien0.html 

 

 


境港番外編 和風創作 池田屋・御食事処 峰・肉道楽いろは

境港市民センターでの作業終了時間が毎日5時過ぎなので、18時前には夕食の時間がやって来る境港暮らし

 

宿の周りには釣具屋さんとポプラを改造した食事処意外何もない場所だったこともあって、初日と二日目は宿近くにある「和風創作・池田屋」というお店で食べたけど、こちらのお店のみならず、境港は全体的に料理が出来上がるのが早いのです

 

sIMG_0043.jpg 

白いか

 

sIMG_0062.jpg 

アテに貰った魚骨いろいろの唐揚げ

 

sIMG_0045.jpg 

こち

 

sIMG_0044.jpg 

紅ずわい

 

sIMG_0047.jpg 

ししゃも

 

sIMG_0048.jpg 

sIMG_0049.jpg

女将さんオススメの一品

 

sIMG_0046.jpg

名物 まぐろカツ

 

sIMG_0051.jpg 

sIMG_0050.jpg

もちもち餃子

 

二日で食べた料理の数々

 

提供されるスピードが早いから食べる事に追われ、粘った処で19時前には夕食は終了

 

和風創作・池田屋↓

https://tabelog.com/tottori/A3103/A310301/31002501/ 

 

「ならば」と、料亭?的な和食屋さんならゆっくり出来るだろうと出掛けた「御食事処・峰」

 

 

 

 

 

これだけ頼んで「さあゆっくり」と思いきや・・・

全ての料理が20分以内に出て来たから、結局"和食屋 de ゆっくり"計画は頓挫し、この日も19時20分に夕食終了

 

要するに”まとめ注文をやめ、一品づつ頼まなきゃこの性急なシステムには太刀打ちできないぞ”に思い至ったけど、かと言って注文の度になんども足を運んでもらうのは気の毒

 

だったら「自分で料理時間を調整出来、注文も大方2回くらいで済む”ゆっくりマイペース型”ご飯を」ということで”焼肉”に照準を合わせ、行ってみた

 

タクシーの運転手さんオススメの肉道楽いろは

 

食べログです↓

https://tabelog.com/tottori/A3103/A310301/31000793/ 

 

そーとーゆっくりやったつもりだったけど、終わったのは19時40分

 

日々健全ではあるけれど、TVのチャンネル数も少なく、国道沿いなので静かに読書という事にもならず、中秋の名月も部屋の反対側だったから、月を眺めてのんびり企画も無し

 

秋の夜長、ホテルで読書三昧の境港暮らしでありました

 

 


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM