うどん・饂飩・ウドン

金毘羅さんの二日間、祭りに出店しているお店が何軒かあったものの、初日は雨模様で10度を下回る気温で二日目は雨こそ降らなかったけど気温は5度くらい

 

日差しがなければ寒い寒い両日でありましたので、おのずと暖かい食べ物を求めたのですが、近所にあるのは”うどん屋さん”のみ

 

という事で

 

sIMG_E0359.jpg 

1食目は坂出から出店されてた”日の出製麺所”のぶっかけ

 

2食目は同じく”日の出製麺所”のアミエビ入りぶっかけ

 

sIMG_E0360.jpg ​

 

3食目は、どうにも寒くて”汁”を求め

 

sIMG_E0371.jpg

 

金陵の郷の目の前にある”中野うどん学校”の肉うどん

 

月曜日に定期健診があるのになぁと思いつつ「だって饂飩しかないんだもん」と糖尿おデブの天敵を求め、近場を徘徊する僕

 

最後の4食目は、寒さしのぎに金毘羅さんの参道を歩いて、階段手前一番奥の右手に位置する老舗の”虎屋”で

 

sIMG_E0381.jpg

 

こんぴら饂飩を掻き込んだ

 

これで月曜日の健診は・・・

 

来年は是非とも晴天に恵まれた祝いの宴になりますように

 

 


第17回 金陵の郷 初しぼり

今年もやってきました、四国は金毘羅さん金陵の郷での新酒イベント初しぼり



朝 霧に煙る瀬戸大橋を渡り



金陵の郷へ



今年も大楠様はご健在



雨模様なれど

金比羅娘も




フラ・ガールも



笑顔全開で会場を盛り上げて頂いております

そして昼食は





坂出より参戦の、日の出うどん 

明日もう一日

お近くにお越しの節は是非お立ち寄りください

 

 


うなぎ・鰻・ウナギ

今回の上京中、何故か”鰻づいて”おりまして・・・

 

先ず初日

友人と”蕎麦”を食べようと待ち合わせしたら、雨天にも関わらず長〜い行列が出来ておりましたのでこれを断念

 

代わりに何か?と友に聞けば「鰻だな」という事で、蕎麦屋から徒歩1分の鰻屋へと移動

 

original.jpg

 

日本橋「はし本」

 

webです↓

http://www.unahashi.com/ 

 

sWUHCE4299.jpg sOCHGE3212.jpg 

sLAZSE3104.jpg

sSSLT5779.jpg sWQCM8525.jpg 

 

珍しい”あばら焼き”と”肝入りひれ焼き”

 

sOVYSE0450.jpg

 

うな重 い・ろ・は 三種類の内、一番小振りな ”い” 

 

東京駅近くなのでお持ち帰りの人も多い、老舗鰻屋さんで一鰻

 

変わって二日目 

 

この日は麹町近くで”島料理”を食べようとお店に向かうと、なにやら昼食宴会的な団体さんで大賑わいなので、これは”あまりに騒がしくていかん”と、お店を離れ、半蔵門方面に向かうとそこに僕の大好きな”秋本”発見

 

「”鰻”は昨日食べたばっかりだし、明日も鰻だからなぁ〜」と暫し考えたけれど、麹町に足を運ぶ機会はないし、秋本の存在感には抗えない

なにより静かにご飯が食べられるのが好いじゃないか言う言い訳背負って入店

 

sHIVGE1238.jpg

こちらで → http://www.unagi-akimoto.com/ 

 

お昼時なのでまずまず混んでおりまして、テーブル席は無理だったのでお座敷にて相席 

 

暫くして相席していた二人連れがお帰りになり、さて、何をいただきますかね?とお水を一口含んだところで問題勃発!

 

背を向けてたので判らなかったのだけれど、僕の後ろに陣取っていた女性軍

 

僕が席に着いた時には未だ食事中だったようでさほどでもなかったのですが、僕が”うな丼と肝吸い”を注文した頃にあらかた食事が終わったと見え、食事の口からお喋りの口へと形を変えてアイドル(たぶん)話でヒートアップ

 

どうやら件の女性方、若いアイドルグループがお好きなようで、リュートがどうしたとかレオが可哀そうだとかコンサートでその中の一人が脱いだら他のメンバーも脱ぎだしたのだけれど、その体が(たぶん腹筋の事だと思われる)バキバキで「もう見てらんないのよ」だそうでありまして・・・

 

バキバキの辺りで「キャ〜」やら「うっそ〜」やら「え〜いいなぁ〜、私触れたら死んじゃうかもぉ〜」等々、テンションはMAX

 

思わずあれこれ突っ込みそうになる気持ちをおさえつつ「僕は静かに鰻を頂くのだ。平常心平常心」と自らに言い聞かせながら我慢したのですが、まぁ、五月蠅いのなんのってありゃしないのであります

 

sIYYDE3070.jpg

 

で、あんまり五月蠅いからどんな奴らか見てやろうと後ろを振り返ったら…言わぬが花ですな

 

という事で、悲しい食事時間は過ぎて行き、空になった丼の中に秋風が吹き抜けた秋本の昼下がりでした

 

*教訓 秋物はテーブル席に限ります

 

こちらはちゃんと食べた時のブログです↓

http://zikisai.jugem.jp/?eid=1473 

 

そして在京最終日

 

この日はずいぶん前から予約していた日比谷の鰻屋へ 

 

original-1.jpg 

 

蕎麦屋にフラれ、島料理にフラれ、結局三日続けての鰻

 

こちら↓

http://www.kanda-kikukawa.co.jp/shop/hibiya.html 

 

original-3.jpg

 

ここのお店は大串が名物でして・・・

 

original-2.jpg 

 

子供の頭ほどもある丼に入ってます

 

sIMG_E0326.jpg 

 

お重は尻尾が折り返されてマス

 

何はともあれ”鰻食った”という満足感120%な菊川・日比谷店

 

ちなみにこの三日間の夕食は、つばめグリルでチキン・平田牧場のトンカツ・搭乗口付近でおかめ蕎麦の三食でありました

 

 

 

 


画家・赤木曠児郎先生の講演会

在巴里歴?というか、パリに住み、パリを50年間描き続けて来た画家・赤木曠児郎先生の半生記を覗う機会に恵まれた講演会が恵比寿の日仏会館で開催されるというので、ものすごく楽しみにお邪魔してまいりました 

 

日仏会館web↓

https://www.mfjtokyo.or.jp/ 

先生の講演会webページ↓

https://www.mfjtokyo.or.jp/events/event-archive/lecture/20171109bis.html 

 

 

 

「これが最初で最後だと思うから」と、ご自身の人生を振り返りながらの一時間半

 

時間が許せばまだまだお話が続いていただろうな

 

郷里岡山に始まり、ファッションの世界に身を投じながら画業を続け、現在のパリ生活50年に至る先生の時間と、共に歩まれた奥様のお話

 

そして、パリの時代の移り変わりを、心に染みる言葉を繋いで語られた赤木先生

 

赤木曠児郎先生パリ・ブランシェの記事です↓

http://jp.mon-paris.info/contents/branche/interv811a.html

 

20090723_503491.jpg 

 

個展で岡山に一時帰国された折の写真

 

20111206_972823.jpg 

 

こちらはパリで迎えた僕の誕生日を”焼肉”でお祝いしてくださった時の写真

 

images.jpg 

 

我が家にも サロン・ナショナル・デ・ボザールの方々とお見えくださったり

 

 

 

今年リヨンで開催した僕の講演会イベントにもパリから駆けつけてくださいました

 

過去に、祖父や父がパリにお邪魔した度に、郷土の先輩という理由で大変お世話になり、僕は僕で祖父と父のご縁でお世話になりっぱなしな赤木先生ご夫妻

 

先生の画業(AKAGI RED)はもちろんですが、ご夫妻の何気ない会話や人との接し方や、口をついて出てくる岡山弁は僕達の誇りです

 

これからもどうぞお元気で、奥様とご一緒にパリの街角を描き続けてくださいと、心から願った夜でした

 

 


江戸小紋・小宮康孝先生

先月24日に小宮先生がお亡くなりになった

 

29日のご葬儀にも寄せていただけなかったので、今回の上京に合わせてご自宅を訪ねました

 

先生のご紹介web↓

http://nakata.net/rnp/area/5773/ 

先生の youtube です↓

https://www.youtube.com/watch?v=FCAN9bN87so 

 

IMG_0334.JPG

 

この画像の古帛紗は、奥様のまさ子さんが着物の端切れを使って手縫いでお造りくださった物

 

他にも色とりどりの古帛紗鵜を「作品の敷物に」と長年送り続けて下さっていたものを、今も祖父・父の茶盌や茶入れの敷物として大切に使わせていただいている

 

ご自宅に伺ってお参りを済ませ、ご長男の康正さんと、先生と奥様、祖父と父の昔話を暫し

 

現在の工芸の現状についてもご教授いただきました

 

ご長男康正さんの記事です↓

https://www.fashion-headline.com/article/11564 

 

sIMG_E0324.jpg 

 

床の間には、お嫁入して以来ずっと小宮家の応接を飾っていただいていた”父の壺に竹に南天”という設えがそのままに僕を迎えてくれました

 

sIMG_E0323.jpg 

 

ご夫妻の画像の後ろには

「あるときは はななどいくる ひもありて ものとぼしきを つまのなげかず」と、祖母が支えてくれた貧しかった頃を詠った祖父の額が掛けられています

 

今は昨年他界された奥様と一緒に、祖父や父と会ってくれているのでしょうか?

 

現在、小宮先生がお亡くなりになった工房では、ご長男の康正さんはもちろん、お孫さんの康義さんも伝統工芸展で奨励賞を受賞された実力者として後継されていて、小宮家の江戸小紋はしっかりと守られ、伝えられています

 

お孫さんの康義さんの記事です↓

http://www.athome-tobira.jp/story/029-komiya-yasuyoshi.html 

 

昨日拝見した辻先生の展示会会場に展示されていた祖父や父との写真

 

今回小宮先生のお宅に飾られていた父の作品や祖父の思い出 

 

祖父の命日を直前に控え、改めて”ご縁”という有り難い想いをいただいた私です

 

 


八木一夫・清水九兵衛 陶芸と彫刻の間で展

日本三大実業家と呼ばれた菊池寛実さん

 

そのお嬢様で、後にホテル・ニューオータニ内に「現代陶芸 寛土里」をオープンされた他、現代日本の陶芸に多くの支援をくださった智さんのコレクションを収蔵されている「菊池寛実記念 智美術館」で開催中の「八木一夫と清水九兵衞 陶芸と彫刻のあいだで 展」に行って来ました 

 

 
 

ホテルオークラに隣接していて、ここがホントに都心の一画か?と思うほど閑静な中に佇み、智さんの美意識が貫かれた素晴らしい美術館

 

美術館内部は意匠の関係で写真を写すことはできませんが、web で見る事が出来ますのでどうぞ

 

美術館のwebはこちら↓

http://www.musee-tomo.or.jp/ 

 

その閑静な美術館の中で、こんなに熱い展示が行われていようとは思えませんね

 

 

 

八木一夫さんと清水九兵衛さん

 

陶芸を志す者以外でも、陶芸のファンならお二人の名前と代表作品をご存知ない方はいらっしゃらないと思いますが、この二人の偉大な陶芸家の代表作が一堂に会されている展覧会

 

僕のみならず、この会場に足を踏み入れた方は、その瞬間に身体と魂が揺さぶられるのを感じる事でしょう

 

会期は12月3日まで

 

陶芸の世界に身を置く者はもちろん、陶芸に興味が有る無しに関わらず、前出の辻清明先生の展示会と合わせてご覧になられる事を強くお勧めいたす次第でございます

 

 


辻清明先生の展覧会 於・東京国立近代美術館工芸館

明治43年に建てられた、旧近衛師団・司令部庁舎を利用している東京国立近代美術館・工芸館

 

こちら↓

http://www.momat.go.jp/index.html 

 

最近、東京一極集中の是正に向けた国関係機関の地方移転の一環で、2020年までに1900点余りが金沢に移転するという報道がなされたのはご存知の方も多いかと思います


その工芸館で現在開催中の「陶匠・辻清明の世界」展に行って来ました

 

 

 sGGZYE0987.jpg 

 

清明先生と我が家は古くからご縁がありましたので、僕も学生の頃聖蹟桜ヶ丘の工房に寄せていただいてお話を伺ったり、協さんの手料理をご馳走になったりと、先生と奥様の表情やご夫妻の会話など懐かしく思い出しながら拝見させていただきました

 

そして会場の出口付近には

 

sJPNZE4123.jpg 

向かって左から二番目が清明先生

 

昭和35年頃でしょうか・・・

 

当時住んでいた和気郡備前町穂浪西灘(井田村)の自宅前で、啓・雄・健ちゃんと一緒に清明さんが写っている写真が、館蔵品になっている祖父の「窯変鉢」と共に展示されておりまして、展示されていた先生の作品と素晴らしい記憶を綯い交ぜに、”心ほっこり”と工芸館を後にした僕でした

 

感謝

 


松鮨

岡山で”鮨”を食べたのは、ものすご〜く久し振りな気がする

岡山市内には有名店が何軒かあり、それぞれが大人気なので、僕みたいな当日又は当日直前にしか予定が決まらない人はまずもって入店は無理なのだが、今回は知人が企画してくれて予約もしてくれてのお招き会

 

美味しいお鮨を知人達と食す時間を楽しみに出掛けてまいりました

 

sIMG_E0256.jpg 

sIMG_E0257.jpg 

sIMG_E0259.jpg

sIMG_E0264.jpg

 

ホント いい腕してます

 

sIMG_E0260.jpg sIMG_E0261.jpg 

sIMG_E0263.jpg sIMG_E0266.jpg 

sIMG_E0267.jpg sIMG_E0268.jpg 

sIMG_0269.jpg sIMG_E0271.jpg 

sIMG_E0273.jpg

sIMG_E0272.jpg

 

牡蠣の話を中心に据えての三時間、口福なひとときをいただきました

 

 

牡蠣パワーここにありな三保さんと、今回の企画に尽力してくださった皆さんに幸多かれと心で祈った夜でした
 

 


鷹取醤油 de 豊穣祭

昨日今日と開催されている”鷹取醤油”さんの「豊穣祭」

 

Webです

https://takatori-shoyu.co.jp/

 

 

 

開始30分前にお邪魔したのですが、駐車場はほぼ満車

 

10時過ぎには 人・ひと・ヒト で、店内は大混雑

 

s-IMG_0223.jpg 

 

素晴らしい!

 

醤油ソフトには長い行列

ニンニク醤油味の試食用”鶏のから揚げ”には行列 & 舌鼓

 

s-IMG_0236.jpg  

 

お買い得セットも販売されておりまして → 大盛況! 

 

食べ物コーナーでは

 

s-IMG_0224.jpg s-IMG_0239.jpg 

 

Hi-Five の西君が”ローストビーフ丼”で参戦

FBです↓

https://www.facebook.com/katsumi.nishi.5 

 

s-IMG_0225.jpg s-IMG_0238.jpg 

REN concept の松畑さんはオリーブ餃子で参戦されておりました

FBです↓

https://www.facebook.com/osakana.oniku.oyasai/ 

 

s-IMG_0234.jpg 

並ぶと少々濃いめですね

 

イチケンの石原君は交通整理やら自ら育てたお米での”焼きおにぎり”の実演販売などで、社員ご家族総出で参戦

 

スタッフに呼び込み指導もされてました 笑 

 

こちら↓

http://www.ichiken-farm.com/ 

 

他にも地物の野菜やパン・お菓子・ラーメン・ホルモンうどん・焼き鳥・豚まん etc etc 

 

素朴に美味しい物があり、楽しい仲間達がお客様に楽しんでいただく為の工夫を凝らして運営している「豊穣祭」

 

皆さん、三連休最後の休日をほのぼのと和気藹々に過ごしておられました

 

s-IMG_0237.jpg 

 

そ・し・て

我が家に帰ってお昼のメインは、もちろんこれ!

 

佳いお米と旨い醤油で焼きおにぎり・・・

 

This is JAPANです!

 

 


備前 足守 近水園

備前の國 足守といえば

 

緒方洪庵さんだったり、秀吉の正室ねねの方ゆかりの在所

 

sDSCF2180.jpg sDSCF2186.jpg 

sDSCF2189.jpg sDSCF2188.jpg 

 

こちらの近水園(おみずえん と読みます)のお隣に建つ nana cafeで 

 

こちら↓

http://www.nanacafe.jp/ 

 

若者達が、グループ展やらワークショップやらやっておりまして

 

 

明日はこんなのあります↓

 

sDSCF2191.jpg sDSCF2193.jpg 

 

僕の会のメンバー、木村英昭君・柴岡力君・渡邊琢磨君の作品

 

sDSCF2192.jpg sDSCF2197.jpg  

sDSCF2196.jpg

 

他に木村君が亭主やってるお茶席もございまして

 

今回出展しているメンバーの一人山村冨貴子さんの”3クマ”をモチーフに、松濤園さんが特別に製作されたお菓子が皆様をお持ちしております

 

sDSCF2198.jpg

見くま・言くま・聞くま de 三熊?

 

これは”見くま”なのかな?

 

ここ7〜8年でこういう企画が少しずつだけど増えてきたのは、本当に嬉しい事ですね

 

「おお〜っ、がんばれぇ〜!もっとやれぇ〜!」と、声援を送る私です

 

 


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM