秋元雄史さんの講演会

昨日に引き続いて?の講演会。

本日の講師は秋元雄史さん。

テーマは「はじまりの直島」。
今年7月に出版された著書 直島誕生の記念講演だ。



ポスター

いろいろと、往時の思い出と共にスライドを拝見しながらの90分




いつもはAmazonだけど、今回は現地購入



久しぶりにお会いしたのでツーショット
大勢の参加者の中には直島から来られた方もいらっしゃって、懐かしそうにお話を聞かれてたのが印象的でありました。

 


第36回 備前焼祭り

お知らせ。

 

さて、備前焼祭りを来週20日(土)21日(日)に控え、

伊部の町もなんとなくザワザワとした気配に包まれてまいりました。

 

今年は迎えて36回目の秋。早いものですね。

 

ポスターの壷は、父の「擂座大壺」 

 

どうぞお誘い合わせの上、秋の日を備前の町でお過ごし下さいますようお願い申し上げます。

 

※ ちなみに、僕は窯に火を入れております関係上、

自宅にてお抹茶と共に皆様をお持ちしてますのでお気軽にお出かけくださいませ。

 

又、お問い合わせ、会場にてのご質問等ございましたら

090 6435 5950 

僕の携帯まで

 

 


再放送で水戸黄門「備前 緋襷兄弟茶碗」やってた

ご存知水戸黄門。

テレビつけたらやってた。

見始めたのがほぼほぼ終盤の47分だったけれど


作って

藁巻いて

火入れ前にお祈りして


窯焚いて


窯出して


ご老公様が「う〜む、見事じゃ』と、感心して


親父さんが感動の面持ちで兄弟を称える
 

ここまで四分

ここから丁々発止と悪者をやっつけて



箱書きに「備前緋襷兄弟茶碗」と書いて → めでたしめでたし で〆

昭和56年12月21日に放映された、この12部17話のあらすじは

備前岡山の名物備前焼の名工を訊ねた水戸老公。見学を断られたが八兵衛をタネに一芝居。でも、窯元の息子はグレて酒と博打場通い。備前焼の一手販売を企む悪徳商人と役人の手に落ちる。その時ひそかに戻った勘当中の兄。ご老公は、体を悪くしていた陶工に代わって力を合わせる兄弟に手を貸し、殿様献上の茶碗を見事焼き上げさせ、悪人達を退治するというもの。

祖父と主演の東野英治郎さんが仲良しだった関係で、以来 西村晃さん、佐野浅夫さんの代にも引き継がれ、我が家が関わった放送が4回?あったように記憶している。

その中で、昭和56年に放映されたこの回には当時お弟子さんだった岡田輝さんが太秦に派遣された手タレだったかな。

いずれにしても、お懐かしくも嬉しい思い出が蘇る映像でありました。

 

 


出石町 de スリランカ カレー

 

先日のベッキオバンビーノのパーティの折、出席されていた方から「藤原さんあべちゃんカレー好きなんですか?」と突然のご質問。「はい」と答えると、「FBで写真よく見るから」との事。

続けて「出石町のアンテナ知ってます?」と聞かれ「知りません」と言うと「美味しいですよ。僕あべちゃんより好きかもですなので、是非行ってみてください」と熱量多めに語られたので → 行ってきた。

食べログですが↓
https://tabelog.com/okayama/A3301/A330101/33004226/

こちらがオススメのスリランカカレー”魚“




うん、美味しい。
初めての人なら大好きになるかもな味。

他にも(メニュー画像ですが)







などなど
食べたい物がたくさん。

ちなみにこちらのお店、cafe と パフェ が主力のよう。

にしても美味しいカレーのみならず、お店もご主人も暖かい空気感に包まれた佇まいでありまして、おススメの一店です。

 

 

 

 


驚き過ぎたので、なにか食べなきゃ

 

びっくりした!。


これ僕の愛機です

カメラのバッテリーを交換しようとしたら




 

バッテリーのストッパーがポロリ



購入して一年と半年くらい。

 

カメラ本体には革カバー付けてたし、バッテリーはカメラ本体側面で充電できるからこの爪を動かしたのは購入した時と今回の2回。

なのに → ポロリ。

「でもまぁ」と、保険適用期間は過ぎてるとは言え、大した事無いだろうと修理に出す前に見積もってもらったら → なんと!26700円の見積もりが来た!。

どっひゃー!!!。

見積もり放り投げて冷静になろうと「まぁこのちっこいパーツだけじゃなくイマドキはユニットごと交換するんだろうからこのくらいするんだろな」なんて極めて友好的に考えてみるけど、どうにも腑を落とす処が無い。

どうにも・どうにも・ど〜にも無い。

電話で問い合わせてみたけど理由の説明は無く、そういう事なんです的な話で終了。

う〜んんんんん。

 

しかし、余計どうにも無くなってしまったと、ウンウン言ってても仕方ないので先ずはお腹を満たそう。

僕にはマッキーさんの指南書と、サッポロ塩ラーメンがあるのだ!。


 

PS) 後日、裏蓋とバッテリーの空間を埋めるため隙間テープを貼り、当面の解決策とした事をご報告いたします。 

 

 


秋ですね

どうしてやろうか!と憤りを覚えるほどの暑さに加え、耐え難い災害をもたらした2018年の夏

いつのまにやら秋になり、朝に夕に冷え込んできたもんだから鼻風邪っぽいグズグズと戦いながら12月の個展に向けて制作に勤しむ今日この頃




道端に赤い花を見かけるようになり、そろそろお彼岸だなぁと思ってたら一気に咲いた曼珠沙華

田圃の稲は穂を垂れて、穫り入れの時は近い




一昨日には、近所の市で贖った秋刀魚を美味しくいただき



ふと見やると秋桜も咲いてた
 

もうすぐ9月も終わり
 

さて、ここからここから
 

 


祝!ICOCA 利用出来るようになりました!

おめでとうございます! & 有り難うございます!

 

今までイコカが未対応だった赤穂線と山陽本線の13駅(うち岡山県内は9駅)に、この度ICOCA対応の改札機が設置されまして、やっとこさではありますが、今月9月15日より赤穂線全線で ICOCA が使えるようになりました

 

う〜む、なかなか長かったなぁ・・・

 

ちなみに山陽本線は、吉永・三石など和気―相生間の4駅

赤穂線は、香登・伊部・西片上・備前片上・伊里・日生・寒河など、長船〜播州赤穂間の9駅

 

これで県内全123駅のうちの約半分、61駅が”イコカ使えるぞ駅”になり、胸張って「おいでんせえ備前へ」と言えるのであります

 

と言うこと?で、記念に”備前焼ICOちゃん”造って見ました

 

  

 

なかなか可愛ゆい出来栄えです

 

JRさんにお願いしてグッズにしてもらいましょうかね? 笑

 

 


谷村新司 38年目の昴 in Okayama

今年12月、地元 岡山・天満屋での個展、年明け直ぐに東京 日本橋・高島屋の個展を控えている僕

 

9月に入り、今年も3分の2が終わったという実感がリアルなプレッシャーと共に”ぐぐっと”襲い来る今日この頃なのですが、一昨日は「谷村新司さんのコンサートにご一緒しませんか?」との嬉しいお誘いを受け、有り難く出かけて参りました

 

 

コンサート会場なんて何年振りだったでしょうか?

 

アリスの活動は、僕の世代が中・高・大と過ごした時間と重なっておりますれば、会場は当然のことながら同世代 ± 10才くらいの方々で構成されておりまして、楽しいトークと美しいメロディラインで綴られた2時間に歌われた楽曲はアンコールの2曲を含め15曲

 

観客の皆さんも 手拍子・コーラス・ペンライト等で舞台に近しいスタンスで盛り上がり、最後はステージに向かって”両手”と”二の腕”を盛大にフリフリさせて恙無く終演 

 

それぞれの青春が色々な想いと共に駆け巡ったであろうひとときでありました

 

コンサートツアーのスケジュールはこちらで↓

http://www.tanimura.com/live/ 

 

その後、関係者会食にお招きいただきまして

 

 

谷村さん細し 

 

お隣に陣取らせて頂いて、宇宙や音についての四方山話をグダグダと2時間近く・・・

 

 

 

お土産に頂いた、CDとミント 

 

アラ還を迎えた歳にこんなご縁がいただけた事、なんとも嬉しく、感謝申し上げる次第でございます

 

さて、今回は久しぶりのブログ更新

 

先週土曜日にブログを始めたきっかけになったカメラ(リコーのコンパクト)を修理・復活させ、パソコンも今年の正月明けにウイルスバスターを導入してからずっと固まりがち&不具合多めだったのですが、なんとなく動きが滑らかになって来たので少しづつ今までのペースに戻して参ろうと考えております

 

 

 

 


2018・7月 豪雨災害チャリティ from bizen と赤木 曠児郎先生

IMG_1884.jpg 

 

豪雨災害の被害が現実的な数値を伴って伝えられはじめた7月10日頃、木村英昭君と竹内千恵ちゃんから「今回の災害のチャリティーやりませんか?」との連絡あり

 

若手の陶芸家から「やりませんか?」と声を挙げてくれた事が嬉しくて、早速 from bizen の代表をしてもらっている原田良二君と連携して「やりましょう」という事で緊急のチャリティやりますメール

 

急遽の連絡にも関わらず25名の作家有志と250点の作品がが集まった

 

IMG_0118.jpg  

画像には馬場君と二人で写ってますが、8名の作家が当番に来てくれました 

 

当日は朝から大勢の皆さんにお越しいただきまして、気が付けば正午前

 

そうこうしてたら斎藤しおりさんから電話が掛かって来て

「赤木先生がパリから帰って来てて、これからグランヴィアでご飯食べるんだけど和さん今駅でしょ。後で会えるかな?」との事

 

「いやいやそれは”ねばならぬ”事でありますので参ります」 

 

IMG_1889.jpg

 

さて件の赤木先生、この酷暑にだだっ広い平原で何も遮るもののない北海道で一週間

傘もささずに絵を描いておられたらしく、”真っ黒”ならぬ”真っ赤っか”でありまして、日焼けというよりは火傷

 

曰く「まぁ、なったもんはしょうがねぇがな」・・・

 

御歳84才

 

くれぐれもお大事にしていただきたいものであります

 

そして夕方6時にチャリティが終了し、売上金総額346000円の浄財は山陽新聞社会福祉事業団に全額寄付させていただきましてこの度のチャリティは無事終了

 

ご協力くださいました皆様方に心より御礼申し上げる次第でございます

 

ありがとうございました

 

 


あやめ会 @ たつの・永富家 2018

今年のあやめ会の席主は江戸千家の川上さん

 

IMG_1719.jpg 

 

同い年という事もあって懇意にさせていただいているものだから、今回はあまり緊張せずにお茶席にお邪魔する事が出来ました

 

画像は一席終わって一息の間に、勉強方々お手伝い要因で派遣されている木村君と渡邊君を交えてのパチリ

 

来年は誰なんだろな?

 

永富先生率いる「あやめ会」

流派を超えて毎回楽しみな素晴らしいお茶会なのです

 

 


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM