坂出かまどホール 親子3人展を終えて

坂出・かまどホールでの親子3人展を終え、宿に戻って夕食をとり、部屋に戻って会場のこと・展示会で出会った人々のこと・通った道程で渡った今年30周年を迎えた瀬戸大橋からの景色や、会期中会場で感じた事など つらつら と考える

 

s34028936_674306489589729_1160342048453165056_n.jpgsIMG_1612.jpg sIMG_1616.jpgsIMG_1614.jpg sIMG_1613.jpg 

 

久し振りに祖父と父の作品や写真パネル、書画に囲まれた会場で

 

sIMG_1651.jpgsIMG_1648.jpg 

 

作品から引き出される、祖父と父と過ごした濃密な思い出

 

そして最終日の今日は亡くなった父86回目の誕生日

 

たくさんの想いが綯い交ぜで

 

嬉し涙が溢れた

 

 

 


親子3人展 於・坂出かまどホール

来月1日より、四国で初めてになる親子3人展をさせていただくことになりました

 

s34028936_674306489589729_1160342048453165056_n.jpg

 

会期 6月1日(金)〜10日(日) *10時開場17時閉場

会場 坂出 名物かまど坂出駅南口展 かまどホール

出品点数 啓・雄 各25点 和50点 書画およそ10点の合わせて110点余り

 

6月3日14時よりギャラリートークを開催いたします

会場には、1日・2日・3日・9日・10日 の五日間在場しております

 

どうぞこの機会に私共3人の系譜をご覧くださいませ

 

 


新橋・金田中「横山大観 襖絵の会」2018

今月の13日

 

新橋・金田中にて、恒例「横山大観襖絵の会」が開催されました

 

sIMG_0253.jpg

”凛”とした空気の清廉な座敷

 

sIMG_E0252.jpg

sIMG_E0254.jpg

舞台側・大襖に描かれた”富士”と、対向かいの床の間に掛けられた”初日の出”

 

sDSCF2209.jpg 

sDSCF2210.jpg

先付けが運ばれて

 

sDSCF2211.jpg

初春のゲスト・白州信弥さんのプチトーク

 

食事は続き

 

sDSCF2213.jpgsDSCF2216.jpgsIMG_0258.jpg

横山大観先生のお好み

 

胡瓜と数の子の”大観漬け”が運ばれた頃合いで

 

sDSCF2217.jpg

sDSCF2218.jpg

新橋芸者集の祝儀舞

 

sDSCF2219.jpg

ほっこりと座が和んだ辺りで

 

sIMG_E0266.jpg

sDSCF2221.jpgsIMG_0268.jpg

僕の器に盛られた料理が運ばれました

 

それからも和気藹々と楽しい宴は続き

 

sIMG_E0269.jpg

 

料理も続き

 

sIMG_0270.jpg

 

そして真打?登場

 

sDSCF2214.jpg

ご当主のご挨拶

 

最後に参加者みんなで

 

sIMG_0273.jpg

ぱ・ち・り

 

毎年新春の行事としてご好評いただいております「襖絵の会」

 

今後も恒例行事として続けて行きたいと考えておりますので、皆様宜しくお願い致します

 

金田中 web ↓

http://www.kanetanaka.co.jp/ 

 

ありがとうございました

 

 


お正月三が日 最強の食べ物

正月も3日目になりますが、我が家の食卓から消えない三種の神器?のご紹介

 

先ずは”お雑煮”

 

これはまぁ僕が”お雑煮(餅)好き”という理由が主ですが・・・

三日間 × 三食 + 時々焼き餅 だったりして、最低でも三が日で20個ほどいただく事になりますから、新年の体重増加に大きく寄与してくれる一品

 

IMG_1407.jpg

人参・牛蒡・ほうれん草に*モガイをトッピングして、ユリ根をセンターに配置

 

*モガイは我が家のエリアで多く食べられる貝です↓

http://www.pref.okayama.jp/page/detail-30099.html 

 

何時からこういう形態に成ったのかは解らないけれど、有り難い事に僕のお記憶の中のお雑煮はこのスタイルでずっと変わっておりません

 

そして”黒豆”

 

30年ほど前に出会って以来、お正月の食卓には欠かせないアイテム”八寸の黒豆”

 

IMG_1900.jpg

 

京都の八寸さん謹製の黒豆は一番最初に箸が付いて、一番最初に無くなる人気 No1

 

食べログですが↓

https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26002259/ 

 

このふっくらと艶やかな姿だけで”初春”を感じる一品です

 

最後は”かりん糖”

 

IMG_1898.jpg

 

地元の企業「KAAZ」さんが、たぶん取引先とかお客様の土産用に使っている一品だろうと勝手に思っていますが、これが本気で”イケナイ奴”

 

webはこちらで↓

http://www.kaaz.co.jp/

 

カルビー・かっぱえびせんのコピー「やめられない とまらない」そのままに「やめられない とまらない」のでありまして・・・

 

少し食べては「これはイケナイ奴だ」と開け口を折って少し遠くに置く→ 誰かが食べる → 無くなる危機感で手を出す→ 再び「これはイケナイ奴だ」と突き放す → 誰かが食べる

 

これを何度か繰り返し、気付くと袋は空になっている という恐ろしい味力を持っている「はちみつ・ごま・かりん糖」なのです

 

他に常備品のみかん もございますが、以上3種類が最強・お正月の食卓三種の神器的食べ物なのです

 

 

 


2018 元旦

明けましておめでとうございます

 

2018年元日

 

今年は、記念すべき?5回目(還暦ですね)の年男

 

という事で、気合を入れて初日の出を拝みに、黒住教・神道山にお参りしてまいりました

 

sIMG_1853.jpg 

朝6時20分の大教殿

 

sIMG_1855.jpg 

ご日拝所は大勢の人で埋まります

 

午前7時

昨年教主に就任された7代宗道教主様が日拝所へ

 

sIMG_1857.jpg 

教主様に就任され、初めての祭主として初日に迎い祝詞を奏上されます

 

07時17分

 

sIMG_1871.jpg 

2018年の初日が昇りました

 

sIMG_E0137.jpg

sIMG_1874.jpg 

 

その後

 

ご日拝所から大教殿へ向かう途中に

 

sIMG_1878.jpg 

「福福大根」のふるまい所が設けられ

 

sIMG_1877.jpg 

参拝客に振舞われておりました

 

僕はといえば

 

「福福大根」をふーふー食べてる皆さんを横目で見ながら教主様ご一家に新年のご挨拶をと大教殿へ

 

ところが・・・

 

教主様ご一行は参拝の皆さんより年賀の挨拶を受けながらゆっくりのお戻りだったので、たったか降りて来た僕が早すぎて年始のご挨拶が出来ませんでしたが、とても美しく・神々しい初日の出を拝ませていただきました事、新玉の年に有り難い朝でありました

 

sIMG_1880.jpg

朝日に映える 藤原建 作 大教殿の千木

 

大教殿からの帰り道

 

sIMG_1881.jpg 

帰り間際に恒例の”たいやき”を購入し

 

sIMG_1883.jpg

袋の中で”ごきげんそう”な鯛焼き

 

sIMG_1885.jpg 

駐車場脇の霊苑殿に昨年末完成した「壺乃舎・藤原」も新年を迎えました

 

帰宅後

 

今年は娘達も帰省出来ず、妻と二人で過ごす初めてのお正月なので

 

sIMG_1887.jpg 

小振りなおせちと、友人にもらった富山は枡田酒造さんの「満寿泉・干支スペシャルボトル”戌”」をテーブルにセット

 

sIMG_1890.jpg

可愛い”わん”がボトルにインされてます

 

ただいまより、朝食のようなブランチ的”おせち&お屠蘇タイム”の始まりです

 

という事で2018年元日のイベントは終了

 

皆様、本年もどうぞよろしくお願い致します

 

 


今年最後の食事会

今年は1月の新宿高島屋での個展に始まり、黒住教神道山・霊苑殿のモニュメントで締めくくった一年でしたが、イベントサイズで言えば、Lyon で開催した Confluences博物館 での講演会とレセプション、地元の中高校生達との文化交流など一連の行事が一番大きな規模でありまして、そのスケール感だけでなく、素晴らしい経験として心に残る出来事でありました

 

当時の様子を纏めた物は、在リヨン領事事務所のPDFでご覧ください↓

http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/files/000236864.pdf 

 

僕のブログも(記事が多いですが)あります↓

http://zikisai.jugem.jp/?page=1&month=201703

 

そのイベントの中心で当時所長さんだった小林さんが、現在の赴任地・カメルーンより帰国されまして、ご家族&ご友人と遊びに来てくれました

 

de 会食 

 

用意させていただいたのは・・・

 

sDSCF8468.jpg 

鯛に鰆にカンパチのお刺身トリオ

 

山葵はいつもの → 植本わさび本舗

 

sDSCF8465.jpg 

朝採れの”このわた”と奥にちょっぴり見えてる”このこ”

 

sDSCF8466.jpg

力技の”親子和え”

 

sDSCF8467.jpg

名物”しらも”

 

そして、食事をしながらいただいたのが・・・

 

sDSCF8471.jpg

「箸置き制作体験実習?」の際お土産に貰った、サン・シャルル学園の高校生達が実習で醸造したワイン

 

いつもならビールとか日本酒なのですが、これだけは小林さんが帰国した時一緒に飲もうと決めていたのです

 

sDSCF8469.jpg 

そして・・・年末に珍しいくらい立派なワタリガニ × 2

 

その他”ブリ照り”やら 妻の手製”切り干し大根のハリハリ”やら 〆の”お結び(海苔はもちろん三國屋製です)”やら、デザートの”いちご”までの3時間半

 

思い出話に花咲いて実が生って・・・

 

s26175601_10208493686699618_588270489_n.jpg

 

師も走る年の瀬に、なんとも嬉しいひとときでありました 

 

どんなにたくさん話しても語り尽くせない想いはありますね

 

感謝の気持ちを抱いたまま、新玉の歳を迎えられる事に感謝します

 

 


黒住教神道山・霊苑殿のモニュメントの銘板

黒住教神道山・霊苑殿のモニュメント完成から遅れる事少々

 

六代・宗晴教主様の手に依る銘板「壺乃舎・藤原」が出来上がりました。

 

DSCF8472.jpg 

 

書が刻まれた銅板は、少し大きめの陶板に貼り付けまして、本日モニュメント正面中央部分に設置作業完了

 

DSCF8475.jpg 

DSCF8477.jpg 

 

合わせて霊苑殿の中には、待合に徳利形の作品を5点、階段脇のスペースに小振りな壺を3点の設置も終えまして、新玉の歳を迎える一連の準備は全て完了いたしました

 

 


黒住教神道山・霊苑殿 モニュメント「壺乃舎・藤原」

新宿高島屋での「壺展」で幕を開けた2017年

 

今年の締め括りは、黒住教神道山・霊苑殿のモニュメント

 

s20171102_1650232.jpg 

 

もともと我が家の窯場二階に貯置かれていた作品達を”生かす”方法をずっと考えていたのですが・・・

 

昨年の9月に母が亡くなり、それを機に新しく建設された神道山の霊苑殿に我が家の墓所を移した折、霊苑殿を出た所にあった芝生スペースを見て「あの作品達を使ってモニュメントを制作させていただいたら如何だろう?」と

 

その想いをきっかけに、今年の春に着想

 

リヨンから戻った5月に何種類かデザイン画を描き、6月中旬に六代教主様に構想の相談させていただき、7月中旬に決定をみて、9月より制作に着手した作品がこの度完成いたしました

 

sIMG_0340.jpg 

11月上旬、基礎工事が完成

 

sIMG_1775.jpg sIMG_0434.jpg

左は霊苑殿入り口、右は正面から見たところ

 

下旬になって枠組みが立ち上がりました

 

 

sIMG_0242.jpg sIMG_0244.jpg 

その間我が家では

 

窯場2階に置かれていた作品を中心に、モニュメントに使用する作品を窯場横に移動し、作品の底に水抜き用の穴を開け、サイズ別に並べて高圧洗浄機で洗う作業をひたすら繰り返す日々

 

そして作品の枠組みとなる建屋が11月末に完成したのを受け、制作に携わってくださっている建設会社や教団の方々にお手伝いいただいて12月上旬に作品をお山に運び、現地にて組み上げ作業を開始

 

延べ10日かけて完成

 

sIMG_1783.jpg sIMG_1785.jpg 

霊苑殿入り口へのアプローチと入り口から見たところ

 

sIMG_1787.jpg sIMG_1788.jpg

斜め右側と斜め左側から

 

sIMG_1791.jpg

こちらは左後ろ側と右後方から

右後方からの写真には、霊苑殿入り口も写っています

 

そして本日20日午後

 

黒住教神道山・霊苑殿前にて献納式が執り行われました 

 

sIMG_1799.jpg 

モニュメント前に祈念所が拵えられまして

 

sIMG_1800.jpg sIMG_1808.jpg

献納式が始まり

 

sIMG_1812.jpg sIMG_1814.jpg 

玉串奉奠は、僕と妻、黒住教を代表して教嗣・宗芳さん、参列者代表が大元神社宮司の忠親さんの四人 

 

sIMG_1817.jpg 

de パチリ

 

その後茶店にて

 

sIMG_1824.jpg sIMG_1820.jpg 

 

お祝いご褒美的「日の出うどん」とおはぎをいただきました

 

モニュメントの銘は六代・宗晴教主様の命名で「壺乃舎 藤原」

 

これで、久しく窯場二階の倉庫に眠っていた作品達はモニュメント「壺乃舎・藤原」として生まれ変わり、この地で久しく生かされる事になりました

 

「お陰様」で「有り難し」とはこういう出来事を指すのでしょうね

 

六代様は元より、色々な形で構想から完成までの労を取って頂いた忠親宮司様他、関係くださった皆様に感謝申し上げます

 

ありがたし・ありがたし

 

 

 

 


うどん・饂飩・ウドン

金毘羅さんの二日間、祭りに出店しているお店が何軒かあったものの、初日は雨模様で10度を下回る気温で二日目は雨こそ降らなかったけど気温は5度くらい

 

日差しがなければ寒い寒い両日でありましたので、おのずと暖かい食べ物を求めたのですが、近所にあるのは”うどん屋さん”のみ

 

という事で

 

sIMG_E0359.jpg 

1食目は坂出から出店されてた”日の出製麺所”のぶっかけ

 

2食目は同じく”日の出製麺所”のアミエビ入りぶっかけ

 

sIMG_E0360.jpg ​

 

3食目は、どうにも寒くて”汁”を求め

 

sIMG_E0371.jpg

 

金陵の郷の目の前にある”中野うどん学校”の肉うどん

 

月曜日に定期健診があるのになぁと思いつつ「だって饂飩しかないんだもん」と糖尿おデブの天敵を求め、近場を徘徊する僕

 

最後の4食目は、寒さしのぎに金毘羅さんの参道を歩いて、階段手前一番奥の右手に位置する老舗の”虎屋”で

 

sIMG_E0381.jpg

 

こんぴら饂飩を掻き込んだ

 

これで月曜日の健診は・・・

 

来年は是非とも晴天に恵まれた祝いの宴になりますように

 

 


第17回 金陵の郷 初しぼり

今年もやってきました、四国は金毘羅さん金陵の郷での新酒イベント初しぼり



朝 霧に煙る瀬戸大橋を渡り



金陵の郷へ



今年も大楠様はご健在



雨模様なれど

金比羅娘も




フラ・ガールも



笑顔全開で会場を盛り上げて頂いております

そして昼食は





坂出より参戦の、日の出うどん 

明日もう一日

お近くにお越しの節は是非お立ち寄りください

 

 


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM